京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



CATEGORY:

2017年10月13日

【時事解説】次世代無線通信規格がもたらす変化 その2 ~法人税申告決算は大阪の福永会計事務所~

 

大阪の税理士事務所 福永会計事務所



介護事業に特化!法人税申告・決算をサポート!福永会計事務所 


 


記帳代行980円から! 大阪経理・記帳代行センター 


 


大阪介護事業サポートセンター 介護事業所の設立から介護経営サポートまで!  


 


【時事解説】次世代無線通信規格がもたらす変化その2

記事提供者:(株)税務研究会 税研情報センター


 


 




次世代の超高速無線通信「第5世代(5G)」の開発が進んでいます。



実用化により、私たちの生活に変化をもたらすといわれています。



映像分野はもとより、バスなどの交通分野にも変化が訪れる可能性があります。



その中、自動運行に関する実験が既に始まっています。



5Gは情報伝達の遅延が少ないという利点があり、 自動ブレーキの精度が格段に上がるといわれています。



将来、バスは神戸の「六甲ライナー」などと同様に、 無人運転になる日が来るかもしれません。



 5Gの実用化により生まれる新市場は130兆円という試算もあり、 巨大市場でのビジネスチャンスに期待が集まるのもうなずけます。



 ただ、世界では、日本以外にも米国、欧州、中国、韓国など、

多数の国が5Gの開発に取り組んでいます。



そのため、各国間で機器やサービスの覇権争いに関して 激しさを増しているという現実があります。



現在、5Gの商用化で先端を走るのは米国企業です。



ほか、スマホのアプリケーション技術では、 中国やスウェーデン、フィンランドなどの企業が進んでおり、 日本は後塵を拝しています。



競争が激化する中、 日本の巻き返しを期待したいところでもあります。



 もう一つの懸念材料はテレビ離れに拍車がかかることです。



5Gの実用化により、3次元映像の実現をはじめ、 スマホなどのコンテンツが魅力を増すことが予想されます。



その中で、テレビは従来とは異なる映像を制作するなど、 舵切りにより視聴者を確保するのか。



それとも、スマホとの協業を通して、新たな収益の形を模索するのか。

今後、テレビの変化も注目のポイントの一つとなります。(了)



(記事提供者:(株)税務研究会 税研情報センター)


 


 


 


大阪の税理士事務所 福永会計事務所 



 



介護事業に特化!法人税申告・決算をサポート!福永会計事務所



記帳代行980円から! 大阪経理・記帳代行センター



 



大阪介護事業サポートセンター 介護事業所の設立から介護経営サポートまで! 



 



補助金・融資にも完全対応!各種許可申請対応! 



提携:福永会計事務所 



会社設立専門チーム・会社設立の手数料1,000円のみ! 顧問契約は不要!



 



運営:



 --------------------- 



福 永 会 計 事 務 所 



--------------------- 



「大阪 法人税申告」で検索!



中小企業庁認定 



経営革新等支援機関 



電話:06-6390-2031  



いいね!




フォロー


このエントリーをはてなブックマークに追加 友だち追加



 


 



Posted by 介護事業に特化!福永会計事務所  at 10:54 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。